MOS 資格

MOS資格・検定〜スクール選びガイド

MOSの資格を取得して就職・転職を有利に!

mos資格

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とは、ExcelやWordなどの、マイクロソフトOfficeの、アプリケーションソフトの利用スキルを証明できる、マイクロソフト社が認定する国際資格です。

 

MOS資格を取得すれば、マイクロソフトOfficeのいろいろな機能を効率的に使いこなせるスキルを身に着くため、就職や転職に有利に働きます。

 

パソコンを使う業種では、Officeの操作必須という条件のところも多く、MOSの資格取得者は多くの企業で貴重な存在となっているようです。

 

この資格を取得するとExcelやWordなどのマイクロソフトオフィスのアプリケーションソフトを効果的に使いこなせるという、実際には、目に見えないスキルを、客観的に証明できます。

 

マイクロソフトオフィスは、現在、多くの企業で、使用されているパソコンソフトですが、多くの人が一部の機能のみの使用で、きちんとソフト使いこなせていないといいます。
ですから、MOSの資格を取得はライバルに差をつけるチャンスなのです。

 

 

MOSの資格取得のメリット

 

資格を取得することで、パソコンスキルを客観的に証明できる。

Excel、Wordが使えるなどといったスキルは、実際には目に見えないスキルです。
ですが、資格取得をすることにより、客観的に証明できます。
MOSの資格は、microsoft officeのアプリケーションごと、バージョンごとに取得可能です。

 

MOSの対策学習により、仕事において必要な、実務力に繋がる。

実際のアプリケーションソフトをコンピュータ上で操作する実務試験になっているので、
資格取得のための学習をすることにより、仕事において必要な、
パソコンを使う実務スキルが身に着けられます。

 

MOS資格取得によって、業務や作業効率がUP

この資格取得をすることで、実際の職場において、パソコンを使った業務や作業の効率が上がります。
また資格取得により目に見えないスキルを客観的に証明できるため、就職や転職の際に、実力をアピールできます。

 

就職・転職時の実力をアピールできる

この資格を取得することにより、
就職・転職時だけではなく、普段の仕事において、社内でのパソコンスキルをアピールできます。
また、多くの企業で社員教育として導入されています。

 

合否結果がすぐに分かる

MOS試験の合否の結果は受験後すぐに判定されるために、
取得したその日から、履歴書に記載することが出来て、就職活動や転職活動に活かすことができます。

 

世界で通じる国際資格です

約200の国と地域で実施されているグローバルな認定資格になります。
認定されたスキルは世界で通用します。

 

 

MOS資格取得のコラム

 

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)とは、ほとんどの企業で使用されている「Microsoft Office」シリーズの「Word」や「Excel」「PowerPoint」といったビジネスソフトの使用スキルを証明する資格です。

 

「Microsoft Office」を発売しているマイクロソフト社公認の世界基準のパソコン資格であり、マイクロソフト社が提供する資格です。「Word」や「Excel」「PowerPoint」といったビジネスソフトはほとんどの企業で使用されているので、「Microsoft Office」シリーズのビジネスソフトが使いこなせなければ戦力にならないとまで言われているビジネスソフトです。

 

当然、募集要項に「Word」「Excel」必須と記入されている募集要項をよく見かけます。MOSの講座では、「Word」や「Excel」「PowerPoint」といったビジネスに使える実践的なPCスキルやノウハウを幅広く学習することができます。

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)は履歴書に記載できる資格ですし、PCスキルを客観的に証明できます。

 

資格を取得していれば、事務職に限らず、営業職、技術職、企画職、専門職など、幅広い資格の就職・転職で有利になります。
派遣社員の方などは資格を保有しているだけで時給アップに有利に働きますし、キャリアアップを目指したい方も資格取得にチャレンジする方が多くなっています。

 

ネイルの資格も人気のある資格です。
特に主婦層から人気があり、ネイルの資格を取って自宅でネイルサロン開業を計画している方も多いです。ネイルの資格を取るならこちらのサイトでネイルの資格について紹介しています。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ